11944

↑↑           ↑↑

ヴィーナスプラセンタ原液をお得に買うならこちら

プラセンタって一体何?

プラセンタ,効果

プラセンタというと最近高い化粧品に入ってる
美容効果の高い成分
でも実際にどんな美容成分なのかよくわからなかったりしませんか?

 

プラセンタって一体どんな成分なんでしょう?
ここでは話題の美容成分プラセンタについて
まとめてみました。

 

プラセンタとは日本語で言うと「胎盤」
赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるときに
赤ちゃんの臓器の代わりや栄養分をためておいたりするための臓器
大きくなっていく赤ちゃんにとってはなくてはならないものなんです。

 

それだけ重要な臓器から抽出したのが
プラセンタエキスと言います。
豚や馬の胎盤から抽出されることが多いです。

 

そして、赤ちゃんの成長に必要な成分がぎっしり詰まっているということは
私たちにとっても必要な成分が豊富に詰まっているということ。

 

その成分がお肌にどんな効果があるのかご紹介しますね。

プラセンタの効果!こんなに肌に良いことが

プラセンタ,効果

プラセンタエキスの効果は本当に様々。
数えたら8つもありました!

 

抗酸化作用・ターンオーバー促進・弾力UP・収れん作用
血行促進・美白効果・肝斑改善・抗炎症作用

 

これだけあるんです。
では早速ひとつ一つ見ていきましょう。

 

 

抗酸化作用でアンチエイジング

お肌は活性酸素によって老化していきます。
紫外線やストレスなどを受けると肌は活性酸素をだして
紫外線に含まれる有害物質等を除去しようとします。
しかし、出過ぎた活性酸素はお肌の健康な細胞まで攻撃してしまい
肌細胞が傷つきお肌の劣化が起こります。

 

プラセンタには抗酸化作用があり活性酸素を除去する働きをしてくれるのです。
そのためお肌のアンチエイジングをする効果があるのです。

 

ターンオーバー促進でお肌を美しく

肌の若々しさは新しい健康的な肌細胞が作り出して行きます。
ターンオーバーつまり新陳代謝によって健康的な肌細胞が生まれてくれば良いのですが
年齢とともに新陳代謝が遅くなっていきます。
そのため古い肌細胞が残ってしまい
お肌の若々しさが失われてしまうのです。

 

プラセンタにはお肌を作り出す成分であるアミノ酸や新陳代謝を高めるDNA(核酸)が
含まれています。
そのためターンオーバーを促進してお肌を美しく保つことができるのです。

 

肌の弾力UP!若々し肌へ

肌のハリはお肌の若々しさには必要な要素。
赤ちゃんなんかは本当にお肌の弾力が違います。
ハリはお肌を作り出している細胞がしっかりと水分を含んでいると生み出されます。
また、真皮のコラーゲンやヒアルロン酸ぎっしりと詰め込まれていると弾力が出ます。
しかし、だんだんコラーゲンやヒアルロン酸がへり、細胞の新陳代謝も減って
ハリが失われていきます。

 

プラセンタに含まれるEGF(上皮成長因子)やFGF(線維芽細胞成長因子)は
肌細胞を分裂させる力を活発にします。
もともとはEGFもFGFも肌に存在しているのですが年齢とともに失われてしまいます。
その失われた成分をプラセンタが補い
肌の細胞を生み出し
肌の弾力を上げていくのです。

 

肌の弾力が復活するとシワが目立たなくなって
若々しい肌を手に入れることができるのです。

 

毛穴がキュッと引き締まる収れん作用

毛穴が開いているとキメが荒く見えます。
また、毛が見えてしまうのでくすんだ印象を持たれてしまうことも。

 

プラセンタには肌を引き締める収れん作用があります。
開いた毛穴をキュッと引き締め
毛穴を目立たなくさせてくれます。
そのためキメの細やかな肌を手に入れることができるのです。

 

 

血行促進でくすみが取れる

血行が悪いと実は顔がくすんで見えてしまいます。
血流が悪いとちびまる子ちゃんの藤原君の唇みたいに顔が紫色に!
つまりくすんで見えるというわけです。

 

プラセンタは末梢血管を広くする効果があります。
そのため血行が良くなり
体の隅々まで血に乗って栄養素や酸素が運ばれるようになります。
血流が良くなると肌の色も明るくなりくすみも取れると言うわけです。

 

厚生労働省認可!美白成分

美白成分と言うのは実は厚生労働省が認めたものだけが名乗れるもの
有名なところで言うとビタミンC誘導体やトラネキサム酸ですね。
プラセンタも美白成分として厚生労働省に認可されています。

 

美白と言っても
黒い肌を白くすると言うよりは黒くならないようにする
シミを作らないといった方が良いでしょう。

 

シミの原因であるメラニンは紫外線等を浴びて
紫外線を受けるとメラノサイトでチロシナーゼとチロシンが結合してメラニンができます。
プラセンタはその結合を阻止してくれるのです。

 

 

肝斑も改善!プラセンタの底力

肝斑はホルモンバランスが乱れが原因。
プラエンタを飲用するとホルモンバランスを整える効果があります。
また、抗酸化作用や抗炎症成分が外からのお肌の刺激から守ってくれます。

 

そのため肝斑に効果があると言われています。

 

ニキビも予防抗炎症作用

毛穴に詰まった皮脂がつまり角栓となり
角栓が酸化、アクネ菌が繁殖していくと炎症が起こります
これがニキビ。
炎症を抑える効果がプラセンタにはあるので
ニキビをできにくくしてくれます。

 

 

本当にプラセンタはいろいろな効果があるんですね。

プラセンタの栄養素!栄養素がすごい

プラセンタ,効果

プラセンタは栄養の宝庫。
胎児を育てる働きがあるので本当にいろいろな栄養素を含んでいます。
ここではどのような栄養素がプラセンタに入っているのかを
見てみたいと思います。
調べてみて
こんなにすごい量が入っていたとは
本当に驚きです

 

脂質

コレステロール、ホスファチジン酸、ラウリン酸、バルミチン酸などが含まれています。
細胞膜や角膜、ホルモン等、身体の細胞を作る栄養素になります。
ビタミンA・D・Eなどの吸収を助ける作用もあるんです。

 

タンパク質

アルブミン、グロブリンなど
人の身体を作る重要な栄養素
プラセンタエキスのタンパク質は20種類のアミノ酸が結合して構成されています。
アミノ酸とは体内の全ての器官を形作る働きがあります
セリン・スレオニン(トレオニン)・チロシン・グリシン
アラニン・バリン・ロイシン・イソロイシン
フェニルアラニン・アスパラギン酸・アスパラギン
グルタミン酸・グルタミン・メチオニン・システイン
ヒスチジン・リジン・プロリン・トリプトファン
アルギニン

 

糖質

ムコ多糖と言われる
グルコース、ガラクトース、ショ糖などがあります
細胞の構造維持、ひいては身体のエネルギー源となります。

 

 

ビタミン

ビタミンB1、B2、B6、B12、C、D、E、ナイアシンなど
身体の生理機能を調節してくれますし、代謝をスムーズにする効果もあります。
体内で作ることができないので定期的に取らなければ行けません。

 

ミネラル

カルシウム、ナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、亜鉛、鉄など
血液や体液の調整を行います
タンパク質や糖質、脂質、ビタミンとともに人体の五大栄養素の一つでもあります。

 

核酸

DNA、RNA、及び代謝産物のことを言います
遺伝子の修復をしてくれ、新陳代謝の調整も行ってくれます。
本来は肝臓で作られるものなのですが
20歳以降少なくなり、40代では急に減っていきます。
少なくなると老化の原因となります。定期定期に摂取することで老化を予防することができると言われています。

 

酵素

アルカリホスファターゼ、酸性ホスファターゼ、ヒアルロニターゼ、アデノシン三リン酸など
食べ物を消化分解する消化酵素
血液を作り心臓を動かすつまり血行を促進する効果があると言われています。
また身体を動かすエネルギー源でもあり
皮膚や筋肉、骨などを作る働きがあります。

 

これだけの栄養素を含んでいるプラセンタ。
美容化粧品に使いたくなるというのはよくわかりますね。

 

 

 

ヴィーナスプラセンタ原液の口コミや評判
詳しくはこちら
ヴィーナスプラセンタ原液,口コミ